年齢を重ねると、自分にとって“心地良い”スタイルがわかってくるもの。
身に着けるアイテムにその人らしさが現れ、
アイテムを見ればその人がわかる……、
そんな自分のスタイルを確立することが、大人のお洒落なのかもしれません。

その自分スタイルを語るに欠かせないアイテムが、スニーカーです。

1990年代、エアマックス狩りという社会現象まで巻き起こしたスニーカーブーム。
「エアマックス95」の誕生で日本中がハイテクスニーカーに沸いてから、もう20年が経とうとしています。

ナイキやコンバース、ヴァンズといった定番ブランドから、
サンローランやリックオウエンスなどのハイブランドまで、
今や大人のワードローブとなったスニーカー。

あるファッション・ディレクターは、自分のルーツであるアメリカンヴィンテージを軸にスニーカーを選びます。一生履くことがわかっているからこそ、お気に入りのスニーカーと出逢えば、何足も買ってしまう。
アウトドアをこよなく愛するPRディレクターは、そのスニーカーが誕生した背景に魅了され、スニーカーを選びます。すべてのデザインに理由がある、そこにロマンを感じて初めて自分の定番になる。

スニーカーフリークな10人が説く、大人が履きたいスニーカー。
あなたにとっての定番が、見つかるかもしれません。

 

小口大介(プロデューサー/PRディレクター)

kojima

小島令子(ファッション・ディレクター)

デッツ

デッツ松田(編集者)

高木康行(フォトグラファー)

榎本一生(編集者)

櫻井賢之 (スタイリスト)

profile

祐真朋樹 (スタイリスト)

シトウレイ (ストリートスタイルフォトグラファー)

若狭恵美(スタイリスト)

内田メグ(マーケティングコンサルタント)