初夏の5月~7月頃と10月~11月頃の秋に咲く可憐な花に「フクシア」がある。今では日本でも園芸店でたまに見かけるようになった。日本の蒸し暑い気候に適合が難しいのか...>>>more

ココ シャネルといえば、ジャージーで服をつくったり、リトル ブラックドレスを誰よりも早く発表したりするなど、先取りのエスプリに秀でたデザイナーであることは周知の事実...>>>more

パリから日帰りで行ける旅は、やはり距離的にも近いノルマンディ地方がお勧めである。パリっ子の高級リゾート地として有名なドーヴィル、海に浮かぶような景観で人気の...>>>more

秋はお祭りの季節でもある。収穫を終えてひと段落するとき、村人の団結を促し、昔のファッションに身を包み、素朴な料理を食す。そんなタイムスリップしたような村祭りが...>>>more

交通機関が発達した現在、パリを起点にいろいろなところに日帰りできる可能性が広がった。日帰りなら、荷物も少なく気軽に行ける。今回はパリから東に約300キロのところに...>>>more

数あるロワール地方のシャトーの中で、どのシャトーが好き?と問われれば、筆者はまず「シュノンソー城」と答えるだろう。ロワール川の支流、シェール川の上に優美に佇む城館の姿...>>>more

クリスマスが近づくとフランス各地で開催されるマルシェ・ドゥ・ノエル(クリスマス・マーケット)。クリスマスの飾りつけや、工芸品、お菓子、ソーセージやチーズ...>>>more

イヴ・サンローランが亡くなって9年後の今年、メゾン立ち上げの時からのパートナーだったピエール・ベルジェが9月に亡くなり、その直後の10月にベルジェが着々と準備を...>>>more

パリには邸宅美術館といわれる美術館がいくつかある。かつて個人の邸宅だった館を生かして美術館にしているところであるが、12月に訪れたマルモッタン・モネ美術館もそのひとつで...>>>more

フランスと切っても切れないものの一つに香水がある。かつてはオートクチュールのメゾンから発売される香水がそのネーミングも含めて次から次へと話題になった時期もあった。...>>>more

#11~#20< TOP >#31~#40