次はオーストラリアから!? アポロ、そしてビルズが銀座最上階に進出

レストラン熱中派 #29

爆買いで押し寄せたかと思えば、潮が引くようにいなくなってしまう外国人観光客。東京の中でも銀座は、そんな流行にいち早く反応する町だろう。それはファッションも食もアートも“一流”が揃っているから。そんな銀座でちょっと気になる動きが……。

今年3月、東急プラザ銀座の最上階にオープンした「アポロ」と10月にオープンした「bills 銀座」はどちらもオーストラリアに本店を置くレストランだ。

「アポロ」はシドニーで人気のギリシャ料理店。ギリシャ料理って非常にシンプルで、素材にオリーブオイルとレモンと塩などで味付けするのが基本。この店はサラダ、チーズ、肉料理が主なアイテムだ(シェフは魚より肉がお好き)。THE  FULL GREEK 5,500円(税別)というコースがあり、前菜、メイン、サイドディシュ、デザートのコースを組んでいる。

名物料理は、“サガナキチーズ”。フライパンでケファログラヴィエラチーズ(山羊や羊のミルクを混ぜて作るチーズ)、ハチミツとレモンジュース、オレガノをアツアツに熱したところを味わう。甘くて、酸味があり、ハーブの香りが立ち、さっぱりという、チーズをよりおいしく楽しむ料理だ。

サガナキチーズ テーブルに運ばれてくると、一斉に歓声があがる一品。アツアツのうちに食べないと、チーズが固まってしまう! チーズ料理は日本人には新鮮な味。ランチでもディナーでも楽しめる。アラカルトで1700円
サガナキチーズ
テーブルに運ばれてくると、一斉に歓声があがる一品。アツアツのうちに食べないと、チーズが固まってしまう! チーズ料理は日本人には新鮮な味。ランチでもディナーでも楽しめる。アラカルトで1,700円

どの皿も2~3人分の量があるので、アラカルトでオーダーしてシェアするのがオススメ。サラダの野菜はフレッシュだし、ラム肉は塊で8時間以上煮込むのでやわらかい。また、サイドディッシュのフライドポテトは蒸してから揚げてあるので、皮の食感がカリカリ、クリスピーなのに中はホックリ。いい仕事してます!

ラムショルダー ザジキソースとレモン  塊で350gものボリューム。2~3人で十分の量だ。付け合わせのポテトフライが病みつきになるおいしさ。ガーリックの風味が利いている。3200円。
ラムショルダー ザジキソースとレモン 
塊で350gものボリューム。2~3人で十分の量だ。付け合わせのポテトフライが病みつきになるおいしさ。ガーリックの風味が利いている。3,200円。

「bills 銀座」は、あの「世界一の朝食」や「リコッタパンケーキ」でおなじみのビル・グレンジャー氏率いるレストラン「bills」。今回はなんと銀座2丁目、銀座通りに面したビル(1階はカルティエ)の最上階である12Fに開店した(ちなみに現在、日本にはすでに7店舗あるが、全世界ではロンドン3店、オーストラリア3店、ハワイ1店、韓国2店を展開している)。