電通の鬼十則と戦略十訓、そしてハロウィンのブレイク!?

砂漠のような東京でも…
週刊ファッション日記 #31

電通勤務の新入社員が過労自殺した事件が社会問題にまで発展してしまった。その電通社員の心得をまとめ、社員手帳に記載されているというのが、4代目社長の吉田秀雄(1930.11.9~1963.1.27)が作った、鬼十則だ。このような社内風土が今回の過労自殺を招く遠因になったなどという論調もあるが、果たしてそうだろうか。この鬼十則はもっともなことばかりだと、読むたびに納得させられることもある。ちょっと挙げてみる。

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を立て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。

こういう気持ちがなければ、広告会社で年商2兆5000億円(連結)のバケモノ的存在にはなれないだろう。

しかし、これはどうなのかなというのも含まれている。第5則「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。」などは、ちょっと今の時代にそぐわないような気もするのだが、いかがなものか。「殺されても放すな」というのは、戦時中に青春時代を過ごした人物の多分に精神論に過ぎる部分なのではないだろうか。