イタリアンは、シンプルだからこそ難しい!? ~新潟県五泉市 ファイブシーズンズキッチンVol.2

Vol.1はこちら

新潟のイタリアン、ファイブシーズンズキッチンは、単なるレストランではない。ベーカリーやニット・雑貨の販売、様々なイベントが催されるような複合施設を目指して建てられた店舗で、その楽しみ方は幅広い。

芝生の庭、ピザ窯・薪ストーブなど、季節を感じることができ、 野菜の彩りを大切にした自然の恵みを感じさせるメニューが充実している。この広大な敷地に建つ、モダンでお洒落な建物は一体どんな想いで創られたのか?

オーナーの尾山さんと、新潟在住料理人歴17年の吉田シェフに伺った。

 

─お店をつくるときにこだわられたことはありますか?

尾山オーナー:レストラン単体ではなく、ベーカリーやニット・雑貨の販売、その他、様々なイベン トが催されるような複合施設を目指しました。(併設のベーカリーはこちら:http://5seasons.co.jp/crescent

ニットは五泉市の産業で、五泉市は、今でも日本一の産地なんです。

『5SEASONSkitchen』の関連会社がニットメーカーであることから、ニット製品をスタッフの制服に取り入れたり、店内でのひざかけなどにも使ったりしていて、店舗では販売もしています。

デザイン面では、それまでの五泉市にない空間を目指しました。いかにも田舎風という古民家移築などではなく、ガラス面が多く天井が高いモダンな空間です。

ホール席・ロフト席・個室・テラスと用途別に様々に使っていただけます。また、赤い大きなピッツァ窯を入口すぐに設け、ピッツァ作りを見ていただけるような工夫もしています。

 

─お食事以外でのご自慢のポイントを教えてください。

尾山オーナー:関連会社のニットメーカーと協力して企画した「ニット工場見学付きランチ」が とても好評です。