ラグジュアリーとはつまりこういうことである!? 『ワン&オンリー・リーティラ・モルディブ』

宿泊者の欲望 #38

2005年5月にオープンした「ワン&オンリー・リーティ・ラ」は、セレブ御用達のリゾートとして知られている。実際に訪れるとその通りで、一般人の筆者には浮き足立つほどの豪華さに驚かされる。

特に、欧米で“ワン&オンリー”といえば誰もが憧れる、リゾートのシンボル的存在だ。

選び抜かれた絶好のビーチを持つ島に、ゴージャスな施設造り、敬服させられるほどのプロフェッシャルな対応も徹底している。これらのすべてが最高級ブランドを維持する“ワン&オンリー共通の約束事”’というのだ、とにかく“華”がある。

特筆すべきはリーティ・ラの海と、ウォーターヴィラの美しさだ。ペイルブルーやトルコブルーのグラデーションを魅せる海はドキドキするほど美しく、水上ヴィラの周りには、トランペットフィッシュやベビーシャーク、ベビーマンタなどカラフルな南洋の魚が自由に泳ぎ周り、初心者にもシュノーケリングの醍醐味を教えてくれる。

また、訪れる度にリーティ・ラの施設には手が入り、ますますゴージャスになる。憧れのワンアイランド・ワンリゾートの魅力全開のリゾートである。

リゾート内の中心となるのは、ビーチフロントに造られたダイナミックでスタイリッシュなメインプール、「ヴァイタリティプール」のエリアだ。1日中、隣接のレストランやバーラウンジの間を行ったり来たり。多くのゲストが食べて飲んで、まさに何もしない贅沢三昧の休暇を過ごしている。

人気の「プライベートプール付グランド・ウォーターヴィラ」

メインのプールも含め、40ものプライベートプールやキッズプールの黒く輝く素材は、インドネシア産「ラヴァストーン(溶岩石)」製。ヴァイタリティプールと呼ばれる謂われは、まさにこの玄武火山岩製であること。溶岩石は一般に、有害物質の吸着、臭気の吸着、防音、耐熱性に優れ、摩擦によってマイナスイオンが発生すると分析されているのだ。