瀬戸内は、美味しい食材がギュッとつまった料理人天国  ~愛媛県西条市 オステリア・アリエッタ Vol.1

自然に恵まれた、愛媛県・西条市。ここで、オープン以来、地元の人たちを中心に愛されているイタリアンレストラン、オステリア・アリエッタ。

全部で14席の店を、オーナーシェフの山本一守さんご夫妻が二人で切り盛りしている。その温かい店の雰囲気と、旬の地元の食材を使った正統派のイタリア料理で、決して大きくはないこの町に、この店目当てで訪れる遠方からの客も少なくない。

イタリアの伝統料理に魅せられ、その美味しさを追及し続けるシェフの、郷土愛とは?

 

—今の場所にお店を構えた理由を教えてください。

もともと、愛媛県宇和島の出身なんです。

大阪で料理の専門学校を出て、その後イタリアへ修行に行きました。大阪へ戻って大きな店で働いたんですが、自分で店をやるならそうした大都会ではなく、小さな規模で店を切り盛りしたかったんです。それで愛媛でやろうと。

 

—イタリア料理をやろうと思われたきっかけはなんですか?

調理師学校を卒業した33年前は、西洋料理といえば、フランス料理たったんです。それが非常に嫌でイタリア料理を目指した記憶があります。

 

—お客様は地元の方が多いですか?

そうですね。やはり近くの方で、リピーターになってくださる方が多いです。あとは、わざわざ遠方から来てくださる方もいます。季節になると目当ての食材を目指して、そのような方が増えますね。