わざわざ足を伸ばしても行きたくなる、あのメニュー ~京都府京都市 チェンチ Vol.2

Vol.1はこちら

京都は日本でも屈指のイタリアンレストラン激戦区。食材のよさを活かした数々の名店がひしめきあうが、なかでもここ数年で、「京都のイタリアンといえばここ」と評価を上げているのが、チェンチだ。

店のロケーションは、岡崎。京都の中心地からわずかに離れるが、平安神宮や京都市美術館などがあり、落ち着いた佇まいが心地よいエリアだ。

オーナーシェフの坂本健さんは、京都の名店『イル・ギオットーネ』本店で長年シェフを務めた後、満を持して独立。2014年12月にこの店を開業した。

今では地元の人をはじめ、国内外からこの店を目指してやってくる客で連日盛況となっている。そんな、今の京都を代表するイタリアンレストランのシェフ、坂本さんにお話を聞いた。

 

—食材も京都のものをはじめ、国産のものが中心ですよね。どのように食材を決められているんですか?

毎朝、京都の中央市場に通っています。あとは、仲良くしている農家さんから仕入れています。いい人がいい食材を紹介してくれるというのはありますね。

また、京都の料理人はジャンルの垣根を越えて、横のつながりもすごく強い。市場で、和食の料理人の方から食材について教えてもらうこともあります。僕自身も、なにかいい情報があれば教えたり。

皆さん本当に勉強熱心ですし、色んなところにアンテナを張っています。例えば、菊乃井さんのような名店でも、常に新しいことを取り入れ、進化されています。そういう方々を間近で見ると、本当に背筋が伸びます。

 

—和食の料亭からも刺激があるというのは、京都らしいですね。坂本さんがご自身のお料理の強みや特徴はどんなところだとお考えですか?

食べ合わせに意外性があることを意識しています。

京都にいらっしゃる方は洋食のお店に、和食を召し上がられた次の日に来られることが多いように思います。だから、同じ食材でもイタリアンらしさ、自分らしさを取り入れた料理をお出しするようにしています。

例えば、鮎の場合、鮎が美味しい時期にはきっと和食のお店でも出されますよね。

で、和食ではお客様は塩焼きを召し上がってくるだろうから、ウチは夏はガスパチョ風のソースと一緒にお出ししました。京都の食文化がベースにあって、そこからイタリアン、そして自分らしさをどう取り入れて行くかということを常に考えています。

夏の人気メニューは、鮎にガスパチョ風のソースを組み合わせたひと皿
夏の人気メニューは、鮎にガスパチョ風のソースを組み合わせたひと皿。