郊外の極上イタリアンのこだわりは「居心地のよさ」!? ~静岡県富士市 タヴェルナ イルボルゴ  Vol.2

Vol.1はこちら

「タヴェルナ イルボルゴ」は静岡県富士市にある地域の方々に愛される店だ。オープンから3年、10坪の小さな店を1人で切り盛りする後藤シェフは、東京の有名店やイタリアでの修行を経た実力派シェフ。

イタリア各地の伝統料理を大切に、地元の新鮮な食材をアレンジした、素朴でシンプルな料理がお得意だ。さりげないおもてなしを大切にしながら、極力お客さんの要望も聞く。

シェフとお客との距離感が近く、心が落ち着ける店だ。近隣の人だけでなく、静岡や三島、東京からも新幹線で足繁くこの店に通うお客が多いそうだが、それは料理の美味しさはさることながら、シェフの温かな人柄と寛げる空間があるからなのだろう。

近々、イルボルゴの2階には新たにワインバーがオープン予定。つまみとともにワインを楽しむ気軽なバーは、人々の憩いの場になるのだろう。

「イルボルゴ」とはイタリア語で郊外という意味。小さな街に建つ小さなイタリアン、イルボルゴは郊外のほっと寛げる極上イタリアンだった。

 

—数あるジャンルの中で、イタリアンのシェフを志されたのはなぜでしょうか? イタリアンの面白さはなんですか?

イタリアンになったのは最終的に消去法でした。母親が和食中心で、父親は魚が好きで、洋食への憧れから和食はなし、中華は好きでしたがカッコイイか? フレンチは堅苦しそう? イタリアンならいけそう……全てイメージから入っています。

イタリア料理の面白さは、一途さと伝統・地域性が色濃いところだと思っています。

 

—イタリアの地域でいうと、後藤さんのお料理はどの地域のものに近いですか?

ピエモンテとトスカーナにいたのでその地方の料理をベースにしています。でも、それ以外の地域のイタリアンも取り入れた、伝統を大切にした料理だと思います。

するが牛テールの煮込みとリガトーニ

 

—お料理以外のイルボルゴの魅力って何ですか?

つい長居してしまう居心地の良さ。調理の様子がわかるオープンキッチンです。

店は僕1人でやっているので、お客様の様子が見えるようなキッチンでカウンターにすぐに料理を出せるようなスタイルにしています。調理中にカウンター越しにお客様が見えて、その距離がちょうどいいんです。

調理の様子を見ることができるオープンキッチン
調理の様子を見ることができるオープンキッチン

 

—お店をつくるときにこだわられたことはありますか? 立地や内装デザインなどで。

20年経っても色あせない雰囲気を目指そうと思いました。ずっと長く続けて行けたらいいな、と思っているので。自分より年上の方達でも落ち着ける店、イタリアの空気がどこかに感じられる店ができたらな、と。

立地は大通りから一本入った場所で、店までのアプローチにも心を配りました。

 

—旅行の目的として、こちらのレストランを訪れる人もいると思います。そこで、レストランの近くのオススメの場所を教えてください。

富士宮方面なら 富士山総本山の浅間大社へ参拝→富士宮焼そば→白糸の滝。

富士方面なら 田子の浦港で朝食に生シラスと釜揚げシラスのどんぶり→湊公園(駿河湾目の前)というのがおすすめのコースです。

 

—今後の計画は?

2階にワインバーを建設準備中です。1階ではおすすめコースのみのご提供なので、2~3ヶ月に一回しか来られないようなお客様にも2階でもっとカジュアルにワインを楽しんでいただければ、という思いでオープンします。

1階とはまた違った雰囲気で、おつまみとともにワイワイやっていただけたら嬉しいです。

 

■DATA

イル・ボルゴ
静岡県富士市富士町14-7
TEL 0545-65-7075
営業時間
ランチ:水・木・金 11:30~13:30
ディナー:月~金 18:00~22:00(LO)
土・祝日 17:30~21:30(LO)
Facebook:https://www.facebook.com/IL-BORGO-570377413054867/photos

 

Text:Eri Koizumi

Photo:タヴェルナ イルボルゴ