女戦士が戦死した英雄を屍姦する新国立劇場の「ワルキューレ」は必見!そしてお得!?

週刊ファッション日記 番外編

新国立劇場でワーグナーの楽劇「ワルキューレ」を観た(10月5日)。休憩2回(40分と35分)を入れて5時間半の長丁場だが、自国のオペラパレスでこんな素晴らしいワーグナー上演を体験できる幸福をしみじみと感じた。

新国立劇場「ワルキューレ」第3幕:レーザー光線を使った最終場面。神々の長が命令に背いた自分の娘を炎に閉じ込める

オペラパレスが芸術監督に2014年9月から飯守泰次郎(76歳)を起用したのは、キャリアの絶頂期を迎えた飯守にワーグナーの主要オペラを指揮させようという狙いがあったからだろうが、予想をはるかに上回る大成果を生んでいる。

オーケストラの東京フィルからまさにワーグナーの音を引き出している。「特訓」の賜物だろう。私が知る限り、ティーレマンなどのスター指揮者を別にすれば、飯守はマレク・ヤノフスキと並ぶ現代を代表するワーグナー指揮者と言っても過言ではないだろう。

今回は、加えて歌手陣が素晴らしい。このオペラパレスの常連で第2幕でフリッカを歌ったエレナ・ツィトコーワは毎回感心させられる名歌手だが、今回は彼女さえも若干見劣りするほど、大編成のオーケストラを突き抜けて絶唱する歌手ばかりという贅沢さだ。

そのツィトコーワも結婚の神フリッカとして「退屈」と評される第2幕第1場の神々の長ヴォータンとの夫婦喧嘩を、その美貌(現代風のゴージャス・マダム風の出で立ちで登場)と演技で楽しませてくれた。なぜ結婚の神フリッカはこんなに美しいのにヴォータンとの間に子どもがいないのかを十分納得させてくれる演技だった。