断然お得な3,000円台のニュージーランド・イタリアワインとは? Vol.3

Vol.1はこちら
Vol.2はこちら

多くの企業への投資やコンサルティングを行なう実業家、本田直之さん。アメリカ留学時代に飲んだカリフォルニアワインをきっかけにすっかり虜に。以来ワインアドバイザーの資格を取得し、ワインスクールで講師を務めることも。サーフィンやアウトドアスポーツをしながら世界中を旅し、各地のワインをほぼ毎日飲み歩いている彼だからこそ知るコスパのよいワインは?

 

Profile:本田 直之
レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役。日本のベンチャー企業への投資事業を行なうとともに、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。1年の半分をハワイで過ごし、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをその他の国へ旅しながらの仕事と遊びのボーダーのないライフスタイルを送る。ワインアドバイザーの資格を持ち、ワインセラーにはヴィンテージも含め、500本を常備している。好みはブルゴーニュワイン。

 

—3,000円台のベストワインは?

この価格帯なら、フランスよりも断然ニュージーランドやイタリアのものを選んだ方がお得です。流行っているオレンジワイン、こだわりの製法で作られたバリューのある赤・白ワインをセレクトしてみました。

<赤>
アユート! ビアンコ 2013 トリンケーロ (イタリア)
A-iuto! Bianco Trinchero
税抜3,000円(トスカニー

Photo:トスカニー

オレンジワインは、今流行っているカテゴリーです。色がオレンジっぽいワインなのでオレンジワイン。パリでは自然派ワインが流行っているので。白ぶどうを皮ごと浸漬することで赤ワインのように仕込まれた白ワインです。皮が入ることで味に奥行きや複雑さが出て、美味しいんです。

自然派ワインはもっと雑味が多いものもあるのですが、中でもこれはきれいな琥珀色の色合いで滑らかなワインです。先日、毎年恒例のワイン会に持って行きました。某有名料理研究家の先生が即興で焼きそばを作ってくれたのですがそれにも合いました。家の料理に合いますよ、お出汁の味にも。このくらいの値段だとオレンジワインはおすすめです。

 

<赤>
クラギー・レンジ ピノ・ノワール テ・ムナ・ロード・ヴィンヤード 2012(ニュージーランド)
CRAGGY RANGE PINOT NOIR TE MUNA ROAD VINEYARD 2012
税込3,480円(楽天市場:ブリーズオンラインショップ

クラギー・レンジ・ワイナリーの特徴は単一畑へのこだわり。ぶどうの品種に合わせて最適な土地をニュージーランド各地に探して、それぞれの畑で気候にあった単一品種を栽培しています。ニュージーランドのワインなら、ピノとソーヴィニョン・ブランがいい。

値段が高いものもあるが、これはそんなに高くないのに良いクオリティのワインです。同じ価格帯で選ぶなら、フランスよりはニュージーのほうがお得だと思います。

 

<泡>
フランチャコルタ ブリュット キュヴェ プレステージ NV カ デル ボスコ(イタリア)
Franciacorta Brut Cuvee Prestige Ca’ del Bosco
税抜3,200円(トスカニー

Photo:トスカニー

イタリアのシャンパーニュと同じ作り方をしているフランチェコルタ。瓶内二次発酵、25ヶ月以上の長期熟成で造られるイタリア最高峰のスパークリングです。スプマンテなどとはちょっと違う味わいで、ほかのスパークリングワインとも一線を画す特別な泡なんです。僕はイタリアに行くとこのカデルボスコが作る泡が好きなので、これの古いものなどを飲んでいます。

 

Text:Eri Koizumi

Photo:トスカニー

→そのほかのプロが選ぶ「ベストワイン」はこちらから