スマートやミニでなく、あえてA1でプレミアムコンパクト市場を開拓したアウディの自負

近頃Audiが気になりませんか!? #10

みなさんご存知のとおり、アウディのモデル名はアルファベットと数字で構成されている。アウディの標準モデルは「A」、ハイパフォーマンスモデルは「S」あるいは「RS」、SUVモデルはクワトロの頭⽂字「Q」等、アルファベットと数字が組み合わされている。ざっくりいうと、アルファベットはモデルタイプ、数字は⾞格を表している。

因みに、スタンダードモデルであることを⽰す「A」はアウディの頭⽂字というだけではなく、アルファベットの最初の⽂字であることから「ものごとの始まり」という意味もある。また「世界で最も魅⼒的なヨーロッパ⾞」を⽬指すブランドということから「Attractive(魅⼒的)」にも由来している。

Aシリーズの中で⼀番コンパクトなモデルは、2011年より⽇本に導⼊されたA1である(⽇本で発表されたのは2011年1⽉11⽇の1並びの⽇だった)。それまでエントリーモデルとしての役割を担っていたA3より⼤幅に⼩さくなったボディは、アウディらしいスタイリングを纏っていて、ひと⽬でアウディファミリーの⼀員であることをアピールしている。

Photo:Audi