南アフリカの恵まれた気候で育つ、ハイクオリティな3,000円台ワインとは Vol.3

Vol.1はこちら
Vol.2はこちら

東京都・世田谷で人気のワインショップとバーを経営する高橋寿典さんは、家庭の食卓で楽しめるワインを的確にアドバイスしてくれる頼もしい存在。ショップには、ブランドや流行にこだわらず、人の手によって丁寧に作られたブドウで作られたワインや、小規模生産者の思いの詰まったワインがずらり。

ワイン愛あふれる高橋さんのお眼鏡にかなった銘柄とは? ワインにぴったりの料理も一緒にうかがった。

Profile:高橋 寿典
ワインと美味しい和食が楽しめるワインバー『Mitsu-Getsu』、ワインショップ『Anyway Grapes』オーナー。ワインの成り立ちや産地の気候や食文化、さらに社会情勢まで熟知し、ヨーロッパや南アフリカの生産地に足繁く通って“掘り出し物”を見つける、情熱あふれるワインハンターでもある。和食をベースとしたバーの料理は評判が高く、高橋さんのワイン愛溢れる軽快なトークと豊富な知識は地域の人のみならず、ワイン業界人たちをも魅了している。

 

ー3,000円台のベストワインは?

この価格帯になると非常によいものに出会うことができます。畑の環境や条件なども聞いてみると面白いと思います。

3000円台のワインはすべて南アフリカ産になりました。フランスと比べてもミネラルのバランスもよいし。この価格帯は赤白泡、全て南アフリカ産を選びました。

今ワイン業界でも南アフリカは注目ですが、店でも積極的に取り揃えています。

奴隷解放の88年以降、少しずつ若い世代の生産者が育っていてイギリスなどヨーロッパでは南アフリカのワインは人気なんです。びっくりするような高いクオリティのものが多いですよ。

乾燥して海風が入り、雨が少ないのでブドウには最適な気候なんです。四季もあるし、涼しい風が入るとブドウが冷やされるので酸が出てよい。古木が多いので病気にかかりにくく、乾燥した気候のため健康なブドウが育つ恵まれた環境。必然的に農薬をたくさん散布する必要がないこともよいなと思っています。

<赤>
クリスタルム ピーター・マックス・ピノ・ノワール2015(南アフリカ)
 Peter Max Pinot Noir
税抜3,800円(Anyway-Grapes

Photo:Anyway-Grapes

複雑な香りで、花やラズベリー、ブラックチェリーや森の香りがあります。口に含むと凝縮感があり、明るい酸味ときめ細かいタンニンが心地よく広がります。

キノコ類や鴨ロース、焼き鳥など少し軽めの肉などに最適です。

 

<白>
ブランクボトル アイム・ヒンテルホーフカブッフ2014(南アフリカ)
Im Hinterhofkabuff
税抜3,180円(Anyway-Grapes

Photo:Anyway-Grapes

軽いケミカルな香り、バニラ香、蜂蜜、黄桃にスパイス、塩風由来のミネラル。アフターには綺麗なほろ苦さを感じ、長い余韻が楽しめます。

煮込んだタマネギなど甘みを引き出した野菜類、天ぷら、胡麻和えなどオススメです。今の季節だったら、カキフライとか最高にいいですね。

 

<泡>
コルマン ブリュット・ロゼ(南アフリカ)
Brut Rosé
税抜3,300円(Anyway-Grapes

Photo:Anyway-Grapes

これは私が南アフリカに行った際に初めて飲んで、あまりのクオリティの高さに衝撃を受けたワインです。イチゴやレッドカラントのアロマと上品な酸、ムースのようななめらかな泡だちがあり飲みやすい仕上がりです。欧米の評論家の間でも高い評価を受けているスパークリングです。

甲殻類を使った料理、豚肉、シャルキュトリーなど時間を選ばず楽しめる1本です。

 

Text:Eri Koizumi

Photo:Anyway-Grapes

→そのほかのプロが選ぶ「ベストワイン」はこちらから