2,000円台なのに、実力派!頼りになる2本 Vol.2

Vol.1はこちら

ワインスタイリストとして、そしてシャンパンバー『カーヴ シンデレラ』のプロデューサーとしても活躍する藤崎聡子さん。「常にどう飲むと美味しいか、相性がいい料理は何か」を考え続けているという。そこで藤崎さんに、毎日のテーブルに並べたいワインを教えてもらった。

 

Profile:藤崎 聡子
ワインスタイリスト。ワイン専門誌『ワイン王国』で活躍した後、2003年独立。数々の雑誌でワインやレストラン関連の企画を中心にとした連載執筆などをする一方、セミナーや飲食店のワインコーディネートも手がける。2007年、シュヴァリエ・ド・シャンパーニュ、2009年、オフィシエ・ド・シャンパーニュ(日本国内では最年少)に叙任。2014年に自身が主宰するシャンパンラウンジ『カーヴ シンデレラ』をオープン。現在開催中の日本橋三越にてポップアップバーもプロデュースしている。(〜9月27日まで)

 

—2,000円台のベストワインは?

わからなくなったらブレンドしているものを選ぶのがオススメ。リーズナブルなワインは、熟成が足りないこともあるので、単一品種のワインだとその辺がちょっと辛いこともあるかもしれません。ブレンドなら、上手な造り手だとバランスをきちんと取っているので安心して美味しく飲めます。

ロジャーグラート カヴァ ブリュット ナチュール 2010
Roger Goulart Cava Brut  Nature 2010
税込2,160円(Wassy’s

※画像は2006年の商品です。 Photo:オンラインWassy’s

“スペインのドン ペリニヨン”と呼ばれたこともあるカヴァ。たしかにそんなキャッチも納得できるほどレベルが高いと思います。その年に収穫されたブドウだけで作られたヴィンテージシリーズで、製法もシャンパンと同じ瓶内二次発酵式。熟成期間も18〜48ヶ月と実に丁寧に作られています。

土着品種とシャルドネ、ピノ・ノワールを合わせたユニークなブレンドなので、複雑さもしっかりある奥行きのある味。なので、料理と合わせてもしっかりボリュームがあって楽しめます。ローストビーフなんかが合いますね。生っぽい肉とすごく好相性だと思います。

 

ドメーヌ・ド・トリエンヌ ヴァン・ド・ペイ・デュ・ヴァール・レ・ゾーレアン 2012
Domaine de Triennes Vin de Pays du Var Les Aurelienes 2012
税込2,030円(イーエックス・ワイン

Photo:ラックコーポレーション

DRC(ドメーヌ・ド・ロマネコンティ)とドメーヌ・デュジャックという、ブルゴーニュを代表する大御所メゾンのオーナーが共同で作ったプライベートブランド。この2人が手がけているので、クオリティはもちろん間違い無し。

なんでこの値段で飲めるのかというと……、ここで儲けようとか思ってないんだと思うんですよね。好きなワインや、やってみたいことを実験的にトライしてみるとか、そういうために作られたのではと推測します。土っぽさと流れる酸が特徴的なテイストなので、クレソンやパクチーなどクセのある野菜を使ったサラダとよく合うと思います。オニオンスライスとかもいいかも。

 

Text:Miki Ozawa

Photo:オンラインWassy’s/ラックコーポレーション