シャンパン番長を満足させる、バリューのあるワインって? Vol.1

ワインスタイリストとして、そしてシャンパンバー『カーヴ シンデレラ』のプロデューサーとしても活躍する藤崎聡子さん。「常にどう飲むと美味しいか、相性がいい料理は何か」を考え続けているという。そこで藤崎さんに、毎日のテーブルに並べたいワインを教えてもらった。

 

Profile:藤崎 聡子
ワインスタイリスト。ワイン専門誌『ワイン王国』で活躍した後、2003年独立。数々の雑誌でワインやレストラン関連の企画を中心にとした連載執筆などをする一方、セミナーや飲食店のワインコーディネートも手がける。2007年、シュヴァリエ・ド・シャンパーニュ、2009年、オフィシエ・ド・シャンパーニュ(日本国内では最年少)に叙任。2014年に自身が主宰するシャンパンラウンジ『カーヴ シンデレラ』をオープン。現在開催中の日本橋三越にてポップアップバーもプロデュースしている。(〜9月27日まで)

 

“藤崎さんと言えば、シャンパン!”というぐらい、シャンパンを召し上がっているイメージですよね。でもシャンパンというとどうしても高いイメージがあります。

一概にシャンパン=高い、というわけではないですがやはり、1,000円〜3,000円台となると、それ以外の泡のお酒の方がバリューがあると思うアイテムが多いですね。それに、今はクレマンやカヴァ、その他のスパークリングワインもレベルがとても上がっているので、セレクトの幅はとても広くて多彩です。

 

—プロデュースされているラウンジ『カーヴ シンデレラ』でもシャンパンとのマリアージュに餃子や唐揚げを提唱されていますが、料理との組み合わせって、どうすればいいんでしょう?

うーん。私も“勘”なんですよね(笑)。私自身、餃子と唐揚げが大好きで。シャンパンと餃子はもともといいマリアージュだと思っていたのですが、それをもっとシャンパンに合わせるにはどうすればいいかと思って、レモンと塩で食べていただくようにしたり。常に、よりシャンパンを美味しく飲むにはどうすればいいかを考えて、食べ物もそのスタイルを考えています。

 

ー固定概念にとらわれないようにするということですね。

リーズナブルなワインだと、色んなことが試せると思うんですよね。シャンパンだって大ぶりなグラスでゴクゴク飲んでもいいし、合わせる料理も実験的にチャレンジしてもいい。悩んだら、ブレンドされているものか、知らないブドウ品種を選ぶ。それくらいを押さえていれば、コストパフォーマンスのいいワインに出会えると思いますよ。

 

—赤ワインは飲まないですか?

最近、もっぱらシャンパンか白なんです。なぜかそっちの方が調子がよくて(笑)。体質に合っているのかもしれないですね。なので、今回は白と泡で勝負しました!