ホームパーティのお土産ワインにも!リュクスな3,000円ワイン Vol.3

Vol.1はこちら
Vol.2はこちら
ミシュラン三つ星の常連、『カンテサンス』で9年に亘りサービスの要としてその手腕を発揮した小澤さん。そのワインの選択眼の確かさで、ソムリエとしても多くの人から絶大な信頼を寄せられている。そんな小澤さんが選んだコスパのよいワインとは?

Profile:小澤 一貴
『アピシウス』『フォーシーズンズ丸の内東京』等を経て、2007年『カンテンサンス』のディレクトールに。サービスの柱として、同店の8年連続ミシュラン三つ星獲得に貢献。この夏に独立し、自らが経営する『CRONY(クロニー)』の開店準備中。コンセプトは「予約の取れるレストラン」。コースだけでなくアラカルトメニューも充実させ、いろんな楽しみ方ができるレストランを目指す。

 

—3,000円台のベストワインは?

この価格帯は、選べる幅がぐっと広がります。

ちゃんと選べば本格ワインが楽しめるので、いいものを選びたいところです。自宅よりもホームパーティなどの“おもたせワイン”のイメージで選びました。すこしレアなものや、ワイン好きの人の興味をひくようなストーリーがあるものだと会話のネタにもなっていいですよ。

<赤>
シャトー テルトル ドーゲイ 2001(フランス ボルドー)
Chateau Tertre Daugay 2001
税込3,218円(楽天市場:うきうきワインの玉手箱

Photo:うきうきワインの玉手箱

ここのシャトーは、数年前にシャトーの名前が変わって、方向性も変わり、今では値段も高くなったんです。でもその前身だったころもクオリティが高くて、現行のものは狙い目。特に2001年は、熟成感もかなりいいはずです。

サンテミリオン・グランクリュで、家で飲むにはかなり贅沢なのに、3,000円するかしないか。かなりお買い得ワイン。品薄になっているので、見つけたら買っておいて損はないはず。

<白>
グリーンホー ネルソン シャルドネ(ニュージーランド)
Greenhough Nelson Cardonnay
税抜3,400円(ミナト・ワイン・インポート

Photo:ミナト・ワイン・インポート

この価格帯だと高級品種がいけるので、シャルドネをセレクト。

フランスのブルゴーニュのシャルドネは、もう少し出さないといいハイクオリティのものは難しいんですが、今、全体的にレベルアップしているニュージーランドは、シャルドネもいいものがあります。

なかでも、ネルソンのグリーンホーという作り手のシャルドネはすごくいい。シャルドネの良さである果実味も、ミネラル感のある硬さもちゃんとあって、芯があるんです。ふわっとした果実味とボリューム感だけで飲ませるワインて飲み飽きるんですけど、このワインは酸と果実味のバランスが絶妙で素晴らしい出来です。

<泡>
ヴィニョーブル・ギョーム・セデュクシォン・ブリュット
Vignoble Guillaume Seduction Brut (フランス フランシュコンテ)
税込3,661円(楽天市場:信濃屋

ワイン好きの人に持っていくのにうってつけのスパークリングワインです。ギョームさんはロマネコンティやサロン、ルロワなど錚々たるメゾンに苗木を提供する苗木の達人。

その人が自社畑で作るワインというのがいくつかあって、その中で面白いのがこのスパークリングワイン。樹齢が古い木のシャルドネを使っていてすごく美味しい。

苗木の提供先でもあるジャック・セロスに影響されて作り始めた1本。

 

Text:Miki Ozawa

Photo:うきうきワインの玉手箱/ミナト・ワイン・インポート