ヴェラ・リンの「また会いましょう」と共に『博士の異常な愛情』はキノコ雲が次々とあらわれる!?

オトコ映画論 #28

フェデリコ・フェリーニが『8 1/2』、ルキノ・ヴィスコンティが『山猫』、ジャン=リュック・ゴダールが『軽蔑』、黒澤明が『天国と地獄』を撮った1963年に製作され、1964年1月に全米公開された、スタンリー・クーブリック監督、ピーター・ジョージ原作(『破滅への2時間<原題:Red Alert>)、テリー・サザーン&スタンリー・クーブリック脚本のブラックコメディ『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか?』(原題Dr. Strangelove or:How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)は、クーブリックが監督した最後の白黒作品だ。

『博士の異常な愛情』  発売中
Blu-ray ¥2,381(税抜)/DVD ¥1,410
販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
©1964 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.
ALL RIGHTS RESERVED.

キューバ危機により緊張状態が極限に達した冷戦の世界情勢を背景に、偶発的な原因で米ソが核戦争に突入。人類滅亡をシニカルに描く。

撮影は1963年4月に終了。編集に8カ月かけた。このとき、SF映画を作りたいと優れたSF作家に関しての情報収集を行っていたスタンリー・クーブリックは、1964年2月、知人からアーサー・C・クラークを紹介され、その夢はのちに小説『2001年宇宙の旅』として上梓された。

主演のピーター・セラーズは、ドイツ出身の核兵器の専門家(マッドサイエンティスト)ストレンジラヴ博士、イギリス空軍大佐ライオネル・マンドレイク、アメリカ合衆国大統領マーキン・マフリーの一人3役に挑んでいる。

©1964 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC.
ALL RIGHTS RESERVED.

性的隠喩は映像の随所にちりばめられている。男根を思わせる飛行機が爆撃機B-29とクジラの水中セックスみたいに、結合して空中給油を行うオープニングのタイトルクレジット(パブロ・フェロによる)にはスロウな「トライ・ア・リトル・テンダネス」が流れ、背景に手書きの文字が浮かぶ。

マーキン・マフリーという米大統領の名前は姓も名も女性器に関係する言葉だし、世紀の殺人鬼切り裂きジャックから名前をもらった米戦略空軍の准将ジャック・D・リッパー将軍(スターリング・ヘイドン)は男根的な銃やシガーを常に撫で回している。