“私服”の時が“至福”の時!? バレンシアガウィメンズのスラックスの“至福の時”

綾部の着倒れず! #16

皆さん、どうも。

人にはそれぞれ至福の時というものがあると思います。

仲間とお酒を飲んでいる時、一人で旅行に行っている時、愛する人と一緒にいる時、それぞれ違う至福の時があり、その時間は一つとは限りません。

僕で言えばニューヨークにいる時や、原宿・表参道にいる時、素敵な女性といる時……などなど沢山あります。

その中の一つに愛車のハーレーで地元の茨城まで帰り、地元の仲間と焼肉を食べながら昔を懐かしむ時間というのがあります。

ついこの間もその時間があったのですが、結構みんなお酒が入り仕事の話や仲間についてなど、だんだんと熱い話になっていき、最終的には、一人の友達が酔っぱらって「女は結局、金だろ」と発言したことから、賛成派と反対派とかなり激論になり、僕を含め40手前の男4人が「表出ろよ!! コラッ!」の3秒前くらいのところまでいきました。

何をしてるんだ、いい年こいて焼肉屋で仲間内で口論になるとは。

結局帰りに10代から通っているいつものガストで反省会。唯一酒を1滴も飲まず完全なシラフで熱くなっていた僕が、一番頭おかしいということで話がおさまり、僕的には全然納得いかないところですが、これもまた至福の時としよう。

ではここからは僕の「私服の時」です。