完全電気自動車レース“フォーミュラE”に参戦するアウディの目論見とは!?

現在アウディは、世界耐久選手権(WEC)とドイツツーリングカー選手権(DTM)をコーポレートモータースポーツと位置づけているが、そこにフォーミュラEが加わることになる。ちなみにフォーミュラEは、アウディが初めて臨むフォーミュラカーレースである。

シーズン4の前に、10月から始まる2016-2017年(シーズン3)からアウディは「チーム アプト・シェフラー・アウディ スポーツ」に対して資金面と技術面のサポートを強化する。今まで以上に「金も出すが口も出す」といったところか。シーズン4には、アプトチーム、そして技術パートナーのシェフラーとの関係をより密接にしたうえで、アウディワークスとして活動する。

フォーミュラEへのワークス参戦が決まった今、一つ明確になったことがある。それはアウディのフォーミュラ1(F1)への参戦は当面ない(?)ということだ。ここ数年、アウディのF1参戦が幾度となく噂となっている。一時期は2018年からレッドブル・レーシングとともに参戦するとの報道もあった。残念ながら昨年の排ガス規制問題が起きたために、F1どころではなくなってしまったのだろう。

多彩な自動車メーカーがF1に参戦すれば面白くなるとは思うが、現在のF1へアウディが参戦するメリットはあまり無いように感じるので、これはこれでよかったのかもしれない。

Photo/Movie:Audi