完全電気自動車レース“フォーミュラE”に参戦するアウディの目論見とは!?

以前このコラムで紹介したとおり、アウディの創業者であるアウグスト・ホルヒの「レースは技術の実験室」という思想が今でも脈々と受け継がれている。例えばアウディの代名詞ともいえる4WDシステム「クワトロ」。4WDの技術で世界ラリー選手権を席巻するだけではなく、サーキットにおける4WDの優位性も示してきた。

一方、アウディは直噴ガソリンターボエンジンや直噴ディーゼルターボエンジンを搭載したレースカー、またハイブリッドカーを駆使してル・マン24時間レースで優勝した最初の自動車メーカーである。これらモータースポーツで培ったテクノロジーの多くは、市販車へ応用可能な技術だ。