これは、完全に自然のそよ風

大手メーカーから新進気鋭の企業まで、様々な企業が最先端の家電を作り出す時代。まさに群雄割拠の中にある今、我々は何を決め手に家電を選べばいいのだろう。

“家電コンシェルジュ”として活躍する神原サリーさんに、「今、知っておくべき圧倒的な機能をもつ家電」を20、挙げてもらった。全部そろえたら、夢の生活が実現するかも!?

 

Profile:神原サリー
新聞社勤務の後、フリーランスライターとして活躍。2008年、顧客視点アドバイザー&家電コンシェルジュとして起業。家電分野を中心に執筆やコンサルティング業務をメインとして活動。企業と生活者の間に立った、ニュートラルな視点での分析やアドバイスで高い信頼を得ている。生活家電のほか、美容・健康家電についても造詣が深い。仕事場であるアトリエには、ショールームのように最新の家電がずらり。

 

■マインツ 扇風機 ピルエット

ヘッド部が360度旋回する扇風機。基本操作は、台座部分にある2重のセンサーリングをタッチすることで行なう仕組み。内側のリングでは電源のON/OFFと風量調節、外側のリングでは首振り範囲を設定することが可能だ。

「これは絶対に、部屋の真ん中に設置して使いたい扇風機です。人のいるところを指定すると、人のいる場所にはゆっくりと回って風を送り、それ以外の場所は素早くさらっと回るという頭の良さも併せ持っています。

その機能はさることながら、佇まいの美しさも秀逸。鋳物の街である新潟県燕市の職人が持つ伝統の金属加工技術によって磨き上げられた、ステンレス製のプレミアムモデルがおすすめです」。

マインツ 扇風機 ピルエット プレミアムモデルMA-002 86
(※価格未定)

 

Sally’s View

1、360°、全方位回転機能。右回りでも左回りでも、自由自在に設定できる。

2、独自設計の羽根とDCモーターの組み合わせによって生み出される心地よい風。やさしい風は自然のそよ風そのもの。

3、日本の職人技を駆使した、プレミアムモデルは、磨きや絞りなど、新潟県燕市の卓越した金属加工技術によって作られている。その高級感、質感は別格。

 

Text:Eri Koizumi

Photo:ツインバード工業