ラルフ ローレン、ダナ キャラン、カルバン クライン。アメリカ3大デザイナーズブランドは、大事件続き!?

砂漠のような東京でも…
週刊ファッション日記 #24

20年ほど前、ファッション業界で、アメリカ3大デザイナーと言えば、ラルフ・ローレン(1939.10.14~)、カルバン・クライン(1942.11.19~)、ダナ・キャラン(1948.10.2~)ということになっていた。

1990年あたりには、この3人のブランドが日本で大ブレイクした。特に「ポロ ラルフ ローレン」の紺のブレザー(紺ブレ)とボタンダウンのオックスフォードシャツ、ジーンズの組み合わせは、「渋カジ」と称されて日本の若者の制服になった。「ダナ キャラン」のディフュージョン・ブランド「DKNY」と「カルバン クライン」のライセンスブランド「ck」のキャップが飛ぶように売れた。

しかし、この3人のうちカルバン・クラインもダナ・キャランも引退してしまった。本人が死なないのにブランドは残っているという例のパターンである。いちばん年長者だったラルフ・ローレンが年商8,000億円の大帝国を築き上げてひとり現役続行しているというのは皮肉である。まさか、ポロのマークのロゴが「DKNY」「ck」などの文字ロゴに勝ったわけでもないだろうが。

そのラルフ・ローレン社も6月10日に1,000人のリストラを発表した。今年4月2日に終了した2015年決算が売上高7,849億円(前年比97%)で営業利益が前年比56%の616億円に終わったためである(WWDジャパン6月13日号)。

帝国を築いたラルフ ローレン社でも最近の“ファッション不況”をモロに喰っているのだが、他の2社についても最近大きな変化があった。