0.2秒で一気に発熱!あっという間にカリフワトーストのできあがり。

大手メーカーから新進気鋭の企業まで、様々な企業が最先端の家電を作り出す時代。まさに群雄割拠の中にある今、我々は何を決め手に家電を選べばいいのだろう。

“家電コンシェルジュ”として活躍する神原サリーさんに、「今、知っておくべき圧倒的な機能をもつ家電」を20、挙げてもらった。全部そろえたら、夢の生活が実現するかも!?

 

Profile:神原サリー
新聞社勤務の後、フリーランスライターとして活躍。2008年、顧客視点アドバイザー&家電コンシェルジュとして起業。家電分野を中心に執筆やコンサルティング業務をメインとして活動。企業と生活者の間に立った、ニュートラルな視点での分析やアドバイスで高い信頼を得ている。生活家電のほか、美容・健康家電についても造詣が深い。仕事場であるアトリエには、ショールームのように最新の家電がずらり。

 

■アラジン グラファイト グリル&トースター

昨年、バルミューダからに発売された「ザ・トースター」。25,000円という従来のトースターとは格段に高額な値段もさることながら、そのクオリティに世間はあっと言わされた。サリーさんも「あのトースターはすごい」と太鼓判を押す。一方で、もう一つ圧倒的な機能をもつトースターがあるのだという。

「バルミューダとは、“思想が違う”というトースターなんです。何より特徴的なのは、スイッチを入れてからの立ち上がりの早さ。0.2秒で立ち上がり、トースター内はあっという間に高温になるんです。忙しい朝などにはとてもいいですよね。それと、高温で一気に焼き上げるので外はカリっと中はふわっとしたトーストになります」

わずか0.2秒で発熱し、庫内が明るく照らされるのは、世界初「遠赤グラファイト」という銅の2〜4倍の熱伝導率をもつ素材を熱源としているから。高温で短時間で焼くからこそ、水分を逃さずに焼き上げられるという発想だ。

「付属されているグリルパンを使えば、ハンバーグや焼きそばも作れるんです。トースターというよりオーブンみたいに使うことができるのも便利。奥行きがあるので、調理器具としても十分使えます。あと、私が気に入っているのはパンくずトレイが取り出しやすいこと。これって、実際に使う際にはとっても重要ですよね。見た目もかわいいし、使い勝手もいいんです」

こちらの値段も2万円弱。しかし、この値段の価値に見合うだけの機能は十分のようだ。

日本エー・アイ・シー アラジン グラファイト グリル&トースター AET-G13NW ¥19,980
(※ビックカメラHP 8/11現在価格 )

 

Sally’s View 

1、0.2秒でトースター内が高温になり、短時間でカリっとトースターが焼き上がる。

2、330度まで高温になるので、付属のグリルパンを使えばオーブン料理もできる。

3、パンくずも取り出しやすい使い勝手のよさ。

 

Text:Miki Ozawa

Photo:Daisuke Uchida