CCメールをむやみに送りすぎていませんか?

次に大事なことはなんでも全て上司をCCに入れないことだ。社内での連絡事項や、取引先への連絡、報告、全てをCCに入れても次第に読まれなくなるだけだ。

本当に伝えておいたほうがよい案件のみにCCを付けて、それ以外は上司に直接会って口頭で報告するほうがより伝わりやすくなる。

上司にCCをつけたがる人に限って「報告はしなくて大丈夫、メールをみればわかるはず」と一切なんの説明もせずに、メールを送りっぱなしにしていることが多い。これはCCの使い方を間違えているし、CCはそのために使うものではない。きちんと報告することは忘れないようにしたほうがよい。

TOとCCの使い分けはとても繊細だ。やみくもに複数の人にメールを送らずに吟味して送ること。

それが本当に大事なメールを相手にきちんと読んでもらえるようになるコツなのだと思う。

Illustration:Nao Sakamoto

New Release:

平原由紀子著(2016)『仕事ごはん部下ごはん できる人の会食術』
2016年3月17日発売 本体価格1,500円+税
発行:CCCメディアハウス

オンラインサロンCOMMYで“毎日の仕事が楽しくなるコミュニケーション術”
スタートしました。
会員募集中!