生まれてから2,000軒はラーメン店を踏破した私の、東京ラーメン最新事情

週刊ファッション日記 番外編

「なんでも千(せん)」が私のモットーである。ファッションショーも展示会も1,000回観ないとダメ。落語も1,000席聴かないと駄目。ワインも1,000本飲まないとダメ。鰻丼も1,000杯食べないと駄目。「何事も1,000を経験しないで一丁前のことを語るな」というわけである。

さて今回は、ファッション業界も夏休みなので、生まれてから2,000軒はラーメン店を踏破している小生に、東京のラーメンの最新トレンドを書いてくれということなので、お引き受けした。この分野なら、Byronグルメ欄執筆の犬養裕美子女史にもヒケはとらないだろう。

なお、小生がスマホを替えた今年5月2日以降の実食ラーメンから、注目度の高い9食を日付順にピックアップしている。店名の横は評価でS→A→B→Cの順。

1.BASSOドリルマン:A


2008年12月のオープンだが、今や東京を代表するつけ麺の有名店になった。ずーっと注目していたが、池袋駅から徒歩12分の住宅地にあり、わかりづらい場所ということで避けていた。今年5月の連休にやっと訪問。

麺は太くて旨い。接客も高水準でインテリアもオシャレだ。変な店名だが、バッソはソバの逆さ読み、ドリルは鍛えるという意味らしい。店主は秋田県出身の日本人。しかし駅からは遠い。

2.しゃぶしゃぶ 山笑ふ:B


飲食ビジネスに注力するセレクトショップ・チェーンのベイクルーズ・グループが今年2月に北青山(トンカツまい泉の近く)にオープンしたしゃぶしゃぶ屋が『山笑ふ』。

リーズナブルなプライスのしゃぶしゃぶも及第点だが、シメにそのしゃぶしゃぶのスープで食べるラーメンは、下手なラーメン屋のそれより旨い。上品な牛スープにトッピングの高菜がまたあう。

3.麺屋 武一(たけいち):C

初台の新国立劇場には、オペラを観によく行くが、その帰りに時々行く近くのラーメン屋。2014年のオープンだが、焼き鳥&ラーメンのハイブリッド業態ですでにチェーン化している。鳥スープのラーメンは難易度が高く、この店も出来不出来の差が大きい。今回は運悪く不出来の日。