1964東京五輪の赤いブレザーを巡るVAN石津謙介とテーラー集団の知られざる暗闘!?

モード逍遥 #6

リオ五輪の開催式で日本選手団が着用する赤いブレザーと白いトラウザースは、1964東京五輪の赤いブレザーにオマージュをこめたデザインのように思える。製作したのは高島屋。素材は機能性や暑さを考慮して、ストレッチニットや吸湿速乾性に優れた高機能素材を使用しているらしい。

東京五輪で製作されたブレザーは日章旗ブレザーと呼ばれる。国の威信をかけた一着であったことが判る命名だ。この服のデザインは、ブレザーの名前を一般的に知らしめたVANの石津謙介だと思われている方も多いだろうが、望月靖之という人物であったことは案外知られていない。

しかも石津と望月は犬猿の仲であったという。五輪のブレザーを巡って、ふたりの間に何が起こったのだろう?