マーケティングコンサルタント内田メグさんの自然派モードを仕上げる5足~Vol.2

Vol.1へ

profile:Meg Uchida

NY生まれ。幼少、高校時代をアメリカで過ごす。総合商社総合職、PR会社勤務を経て独立。国内外のハイブランドのPRやマーケティングを行うMの代表。

 

 

ファッションをはじめとする数々のハイブランドを手掛けるマーケティング、コミュニケーションの会社、Mの代表を務める内田メグさん。モードな服を着こなしながらも、いつもどこか自然体で軽やかな雰囲気が印象的な女性である。

「以前はばっちりメイクして、ヒールの靴履いて、バッグ持って、最新のスタイルじゃないと、って感じでしたけど、今はナチュラルメイクで、髪も自然のまま、スニーカーを履いて、iPhoneを持てば仕事先へもOK。それでもスタイルとして認められるこの時代に40代で良かったって思います」という内田さん。

とはいえそれは、“何もしない”ということとは違う。高校生のときからアメリカ生活では社交の場でもパンプスを履いていたという、華麗なるファッション遍歴で培ったセンスとバランス感覚で行き着いた大人のスタイル。それを完成するのに欠かせないスニーカーたちをピックアップしてもらった。

 

アレキサンダー・マックイーン/
ハイカットのものをロンドンで見つけて即購入。ロングのコートなどに合わせてマニッシュなスタイルに。

 

マーク ジェイコブス/
コラージュプリントで遊び心たっぷり。ボーイフレンドデニムなどに合わせて。