フォトグラファー・高木康行さんのお気に入りスニーカー6足~Vol.2

Vol.1へ

 

 

 

 

 

profile:Yasuyuki Takaki

1968年、大阪府出身。DJ、ファッションスタイリストを経て、1994年からフォトグラファーとしてのキャリアをスタート。 メンズファッション誌をはじめ、ファッション広告、CDジャケットなどを中心に活動。2009年「TOTAL Exhibition Book」(TOKYO CULTUART by BEAMS,2009)、2012年「ジャン・プルーヴェ 20世紀デザインの巨人」(Pen BOOKS)、2013年「LIFECYCLING」(IDÉE)などの書籍撮影も担当。近年発表している類型学的な方法によって呈示した都市の肖像写真“GRIDSCAPE” シリーズは国内外で大きな反響を呼んでいる。

 

小学校の時にナイキと出会い、DJ時代は音楽からの影響でアディダス、スタイリスト時代には革靴という遍歴を持つフォトグラファーの高木さん。20代〜30代の長い革靴時代を経て出会ったニューバランス1500のクッション性と快適さは衝撃的だったそうだ。

音楽&カルチャーにも精通した元スタイリスト、様々なお洒落をしてきた達人だからこそ行き着いたのはスポーツブランドのオーソドックスなスニーカー。スポーツブランドの技術に裏付けされた履き心地とは。

 

ニューバランス990ライトグレー。
「この中で一番履いて、晴れた日にはいつもコレ。一番自分に合っていて、買ってから2年くらいたってるんだけど気に入っています。スニーカーに詳しい先輩に、これがいいよと勧められて買いました。息子のとお揃いです」

 

コンバース オールスター グレーのキャンバス。
「僕はローカットしかはかないんです。これは現行の普通のオールスターです。やっぱりファッションに合いますね、コンバースは。唯一デニムに合わせてもいいな、というスニーカーですね。デニムにハイテクスニーカーを合わせると、IT企業のおっさんみたいになるでしょ。ジョブスの偽物みたいになっちゃうから。でもやっぱり年なんで、コンバースみたいにクッション性のないスニーカーには中敷きを入れて履きやすくしています」

 

コロンビア 完全防水のスニーカー。
「見た目はクラシックなスニーカーにしか見えない。デザインがすごくいい。値段も1万円ちょっとぐらいで。雨の時には一番良く履くスニーカーです」