赤道を越えたモルディブ最南端のヴィリンギリ島、「シャングリ・ラ・ヴィリンギリ・リゾート&スパ」

オープンエアのバーラウンジ

島は未だ開発の手が入っていなかったために、島の半分はシュガーサンドビーチが残され、真っ白で目映いほどに美しい。野生のココナッツが17,000本もあると言うが、モルディブの国木がパーム椰子と聞けば納得がいく。

それよりもあちこちに延びている樹齢300年のバンヤンツリーの巨木に出会うなど、この島ではネイチャーウォークがめちゃくちゃ面白い。ホテルのガイドと共にゆっくりと砂浜を歩いたり、ジャングルに入ったり、ネイチャートレイルを散策しながら説明を聞く。知らない熱帯の世界は神秘的だ。

夕暮れ時に披露される地元の男達の民族舞踊

またモルディブのこの附近“アッドゥ環礁”にしかいない“シロアジサシ”がこの島にも飛んでいる。幸せの白い鳥として知られ、見れば幸せになれるというが……本当だろうか。

Photo:Kyoko Sekine

 

■ホテル情報:

シャングリ・ラ ビリンギリ リゾート&スパ モルディブ

Villingili Island, Addu Atoll Republic of Maldives
Tel: (960) 689 7888
http://www.shangri-la.com/jp/property/male/villingiliresort