知ってるのに行かないの?東京にもあるセントラルパーク。 混んで欲しくないから今ぐらいがちょうどいいけど。

B式都市論 #2

⼀部、クルマの通⾏⽤に区切られているところもあるが、幅広い⾃動⾞道路をほぼ全⾯使って⾃転⾞専 ⽤道路にしている。⼤⼈も⼦供もこれは気持ち良いはず。 東御苑の菖蒲池を取り囲む⼈たち。ほぼ全員が写真を撮る。⼤⼿町の街並みが⾒えるのがいい。フラン ス哲学者がかつて東京の中⼼に空洞がある、といった感覚を体感する。
⼀部、クルマの通⾏⽤に区切られているところもあるが、幅広い⾃動⾞道路をほぼ全⾯使って⾃転⾞専
⽤道路にしている。⼤⼈も⼦供もこれは気持ち良いはず。
東御苑の菖蒲池を取り囲む⼈たち。ほぼ全員が写真を撮る。⼤⼿町の街並みが⾒えるのがいい。フラン
ス哲学者がかつて東京の中⼼に空洞がある、といった感覚を体感する。

⽇曜の午後、キミは東京のビジネス街の中⼼地、⼤⼿町を歩いている。

家にいるなら今頃キミは、⻑寿ラジオ番組「サンデーソングブック」でも聴いてる時間帯だろうか。休⽇のオフィス街には当然のように、ひと気が少ない。そんな想いの視界の中にも、キミはベビーカーを押す若いファミリーを⾒かけたり、家族連れの外国⼈観光客とすれ違ったり。何しに来てるのかと思いながら、⼤⼿⾨を⽬指して皇居東御苑に向かうと、なるほど、そこにはけっこうな⼈混みになっている。

⼿前の信号待ちでは、通常ならたくさんのクルマが⾏き交う内堀通りが、週末は⾃転⾞専⽤道路になっている。キミはそこで、サイクリストたちや⼦供⽤⾃転⾞に乗った幼児や家族の⾃転⾞姿がカラフルな服装でペダルを漕いでいるのを⽬にする。といっても道路が⾃転⾞で埋め尽くすにはほど遠い、まばらな⼈数でキミはホッとする。

もう何年も前からこのエリアで⾏われている週末の閑散とした都⼼部を逆に活⽤する公共サービスだ。よく利⽤する⼈はおそらく、混雑して⾃転⾞で渋滞するなんてことが起きたらイヤだから、これ以上たくさんの⼈には来て欲しくないと思うだろう。広報しすぎて貸し出し⾃転⾞が不⾜したり、⼤混雑したりするのは誰も幸せにならないから。

諸外国主要都市を始め、国内各地で増えているコミュニティサイクルがある。⼤⼿町エリア版は千代⽥区が提供する「ちよくる」で、そのステーションから借りてきて乗っている⼈も⾒かける。エリア内にいくつかあるステーションで乗降⾃由という便利さが各都市でも実施されている⽅法。

登録は必要だがスマホやパスモでも借りられるというので、次はトライしてみるか。事業実証実験ということで2017年3⽉まで実施中だった。このあたりは坂道はないけれど電動機付きの機種なので楽チンのはず。

⾨をぬけていくと三の丸収蔵庫がある。以前ここで伊藤若冲の「動植綵絵」修復完了展⽰の際には並ばなくてもじっくり楽しめたことをキミは思い出す。あの時は⼤感動、しかも⼊場無料。

桜の時期が終わった初夏の頃、⼀般公開している皇居東御苑の花菖蒲が美しい。⼊⼝から向かうたくさんの⼈たちも、それ狙いだろうと、キミは⾃分のことを棚にあげて、彼らの年齢や⾵貌から察する。若い⼈たちは少ない。いたとしても欧⽶からの観光グループか都内在住街外国⼈か。都市の真ん中に⾃然があふれる光景は素敵の⼀⾔。⼈が多いのはしょうがないよね。⾃分もその⼀⼈なわけだし。

●千代⽥コミュニティサイクル「ちよくる」:http://docomo-cycle.jp/chiyoda/

●千代⽥区観光協会/皇居東御苑エリア:http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/2133/Default.aspx