NYで着てみたい、『ALMOSTBLACK』のファッション「道着」!?

綾部の着倒れず! #12

皆さんどうも。

梅雨に入りました。この時季、雨は面倒臭いしムシムシするし、オシャレをするにあたってなんのメリットもない時季であると思いがちですが、日によってはTシャツ一枚だとちょっと肌寒い日があったりします。そんな時に秋冬で購入したけど出番がなかったシャツやスウェット、ジャケットなどが着られると、ちょっぴり嬉しさを感じるのは僕だけでしょうか?

僕は昔から、買った洋服の着るタイミングにはこだわっているので、お店で買ってそのまま着るなんてしません。買い物したアイテムのデビュー戦は、大事に満を持して行いたいと思うのです。買ったアイテムへの思いが強ければ強い程そう思うのです。

しかし、時にその思いが裏目に出ることがあります。
数年前、まだテレビの仕事などあまりない時に、セレクトショップで『GIORGIO BRATO』のベージュのレザージャケットを見つけてしまいました。

レザーの質感ややわらかさ、なんといってもキャメルとベージュの間くらいの、何とも言えない抜群の色に一目惚れしたのですが、問題はお値段。確か15万くらいだったと思います。

その当時の給料の半分以上の値段でしたが、惚れた女は落とさずにはいられないのが僕です。
結局家にお持ち帰りし、即行で鏡の前でファッションショーをして楽しみました。

購入した時に担当してくれたお兄さんが、結構タイトな革なのでガンガン着て馴染ませてからがもっと良くなると言っていたので、早くデビューさせたいという強い思いから、テレビを見ている時もずっとジャケットを着て過ごし、その日の夜はそのままレザーを着て、寝てみました。

すると、朝に目が覚めるとタイトなレザーを着て寝たせいか、肩こりが半端じゃなく地獄でした。
さらに地獄だったのが、タイトなレザーを着たまま寝てしまったため、体に熱がこもり尋常じゃないくらい寝汗をかいてしまい、お気に入りのベージュ色が汗をこれでもかというくらい吸いとって、背中一面、渋い焦げ茶の牛柄模様みたいに変わってました。地獄です。

デビュー戦を向かえる前に、最初のスパーリングで再起不能にさせてしまいました。

一度も着ないまま台無しです。若手芸人がなけなしの金を叩いて購入したレザージャケットが……惨めすぎる。
思いが強くなるって怖いですね。
皆さん、レザーを着て寝ると寝汗が凄いから気をつけて!!