金沢21世紀美術館アゲインですが、私~金沢21世紀美術館&薪の音 金澤Vol.1

日本国内のデスティネーションミュージアムの先駆けとも言える金沢21世紀美術館。昨年は北陸新幹線も開通し、200万人超という脅威の入場者数を記録するなど、2004年の開館から10年あまり経つ現在も、旅の目的地として多くの人から支持されている。

撮影:渡邉修 写真提供:金沢21世紀美術館
撮影:渡邉修
写真提供:金沢21世紀美術館

この美術館の大きな特徴はリピーターが多いことだ。その理由のひとつに挙げられるのは、体験型の常設展示作品の存在。レアンドロ・エルリッヒの《スイミング・プール》やジェームズ・タレルの《ブルー・プラネット・スカイ》などは、ある種のエンターテイメント的な要素もあり、「もう一度見たい、触れたい」という気持ちにさせる。

さらに、妹島和世+西沢立衛/SANAAによる円形でガラス張りの建築は、季節毎に表情を変える周囲の環境をそのまま楽しむことができるし、交流ゾーンと呼ばれる無料で楽しめるエリアもあるので1日に何度も訪れることだって可能だ。

撮影:渡邉修 写真提供:金沢21世紀美術館
撮影:渡邉修
写真提供:金沢21世紀美術館

何度目かの訪問なら、金沢市民の人々のように楽しんでみてはどうだろう。毎日の散歩コースとしてふらりと立ち寄ったり、子供連れでピクニックがてら遊びにきたり、日がな美術館で過ごしたり……。日常の暮らしのなかに、美術館が存在している金沢市の人々は、その人なりの“21美の楽しみ方”をもっているという。

撮影:渡邉修 提供:金沢21世紀美術館
撮影:渡邉修
提供:金沢21世紀美術館

「ここの美術館は、作品を観るにしても順路も特に定まってないし、どこから入ってもいい。これまでの美術館の概念をとっぱらって、自分だけの美術館だと思ってくつろいでもらいたいですね。お気に入りの椅子や、ライブラリーの席など、自分だけの好きな場所を見つけてみてください」(美術館広報・落合さん)