日本最古の温泉でアート祭り? 寝ても覚めてもアートな旅~道後アート&道後プリンスホテルVol.2

Vol.1へ

2016年道後アート旅のおすすめコースをご案内。芸術にふれながら、歴史情緒漂う温泉街を下駄でカランコロンと散策できる極上旅だ。

 

1、道後温泉駅についたら足湯

道後温泉の中心部には、無料で楽しめる足湯が11カ所もある。駅前のランドマーク坊っちゃんカラクリ時計の足湯からスタートして、その他ホテルや旅館の軒先に設置された足湯場に浸かれば、アート旅への準備万端だ。足湯巡り用のタオルはホテルで借りるか、売店で購入すると便利。

 

2、道後プリンスホテルにチェックイン

アーティストが手掛けた部屋に泊れば、寝ても覚めてもアートな旅になる。

写真家・映画監督の蜷川実花の椿写真で埋め尽くされた部屋『TSUBAKI』と建築家・谷尻誠の絵の中に入り込んでしまったような不思議な部屋『Sketch』の2部屋から選ぼう。(Vol.1参照)

Sketch (c)MAKOTO TANIJIRI/Dogo Onsenart 2014
Sketch
©MAKOTO TANIJIRI/Dogo Onsenart 2014
©mika ninagawa,Courtesy of Tomio Koyama Gallery/Dogoart2015

スプレー菊の写真を使ったメインビジュアルと同柄のカラフルな浴衣と、椿の写真を使ったグラフィックを大胆に配置した浴衣の2パターンがお目見え。

TSUBAKI (c)mika ninagawa,Courtesy of Tomio Koyama Gallery/Dogoart2015
TSUBAKI
©mika ninagawa,Courtesy of Tomio Koyama Gallery/Dogoart2015

 

3、街中に点在するアート散策

2014年から継続して設置されている作品もあり、街のあちこちにアートが点在している。街の雰囲気に自然に馴染んでいるのが魅力。

FABULA (c)LILIAN BOURGEAT/ Dogo Onsenart 2014
FABULA
©LILIAN BOURGEAT/ Dogo Onsenart 2014
LASTing WAVE   (c)KOHSKE KAWASE/Dogo Onsenart 2014
LASTing WAVE  
©KOHSKE KAWASE/Dogo Onsenart 2014