六本木7丁目に80年代の幻影を求めて、朝ぼらけに「かおたんラーメン」をすする!?

砂漠のような東京でも…週刊ファッション日記 #15

六本木で働くようになってからもう15年は過ぎている。まあ、六本木は東京の街の中では、この15年間で最も大きく変わった街だろう。15年前には六本木ヒルズ(2003年完成)、東京ミッドタウン(2007年完成)、新国立美術館(2007年完成)もなかった。

ファッション業界にはあまり縁のない街だったが、六本木ヒルズに隣接したグランドハイアットホテルは、たぶん現在ファッション関係のパーティーが一番多いホテルだろうし、最近は「ポール・スミス」の路面店が旗艦店として外苑東通りにできたり、その近く3月にオープンしたトライセブン六本木の1階&2階にはバーニーズ ニューヨーク六本木店がオープンするというから、今後はファッション・エリアとしても成長していくのかもしれない。

ついでに言うと外苑東通りを青山1丁目の方に進むと「マシュマロ・ハウス」と呼ばれるウエディング界の女帝である桂由美ブライダルハウスが鎮座していて、外国人にことのほか人気がある。帳が下りてからのしつこい外国人客引きが多くて閉口する街というイメージは徐々に改善されているようだ。

私のオフィスは六本木7丁目にあるが、これは六本木と西麻布と乃木坂に囲まれた場所で「奥六」とでも呼びたいような不思議なエリアである。「出雲大社の東京分祀を左手にみて坂を下りてミシュラン三ツ星の龍吟の近く」とか「星条旗通りの近くで、六本木トンネルを出てすぐ」と説明するより、「ホテル六本木」のハス向かいですと言えば、六本木に詳しい遊び人なら「ああ、あそこですか」と微苦笑まじりに分かってくれるはずである。

この六本木7丁目で、「ARDBEG(アードベッグ)」というスコットランドのアイラ島で作られているシングルモルトのプロモーション・イベントが先月末あった。招待状には、会場は六本木7-8-6 AXALLとあるだけ。