世界最高の美男テノール!? クラウス・フロリアン・フォークトが演じる新国立劇場の『ローエングリン』

砂漠のような東京でも…週刊ファッション日記
~番外編 #5

初台の新国立劇場でワーグナーのオペラ「ローエングリン」の初日を観た(5月23日)。

現在ローエングリン役を歌わせたら世界最高の呼び声が高いテノールのクラウス・フロリアン・フォークトが2012年に続き同劇場に出演するのだから、新国立劇場も大したものである。破格の出演料を払っているわけではないだろうから、フォークトは同劇場の真摯な制作姿勢に共感しているのだろう。そういう海外の歌手が多いらしく、同劇場の急速なレベルアップの原因になっていると聞く。

あらすじを要約すると:

―弟殺しの疑いをかけられたブラバント国の王姫エルザを救うため、白鳥にひかれた船で騎士ローエングリンが現れ、ブラバント国乗っ取りをたくらむテルラムント&オルトルート夫婦の奸計を打ち砕く。

しかしエルザは、自らの素姓を絶対に尋ねてはいけないという白鳥の騎士との約束を破ってしまう。このため白鳥の騎士は姿を消しその代わりに行方不明だった弟が生還する―

今回、改めてこのオペラを見て感じたのは、このオペラの主役は白鳥の騎士ローエングリンではなく、エルザだということ。というよりも、エルザの一夜の壮大な夢物語をオペラにしてみましたと解説するワーグナーが随所に現れるのだ。