すべての道は京都に通ず-伝統文化を通して知る京都~加藤菜津子(「はづ合掌」若女将)Vol.2

Vol.1へ

奥三河の湯谷温泉で、「はづ合掌」をはじめ、4軒の旅館で若女将として切り盛りする加藤菜津子さんが教える、京都通になる秘策残り4つとは……?

 

2、香道に触れる

「お香は、室町時代にお茶やお花と一緒に始まったもの。金より高い香木をせっせと燃やして、楽しむのが香道です。昔は、入門するのに家系図が必要だったと聞くほど、クローズドな世界。香の文学と呼ばれる源氏物語とも切っても切れないだけに、京都は香を嗜む人は必ず訪れる場所。

お香はクローズドな世界なので、ほとんど触れられる場所がないのですが、山田松香木店と鳩居堂では、香道具や香木が買えます。特に、山田松では、“ほしい”といえば、聞香炉で試し聞きをさせてくれます。色々質問をしてもとても丁寧に説明していただけるので、大変ありがたい」というお香を嗜んでいる加藤さんならではのアドバイスも。

「組香というお香のゲームのような遊びがあります。それを知っておくと、京都を楽しめる機会が増えるかもしれません。源氏香という5つの香を当てるという組香があるのですが、そこで用いられる源氏香の図というものを知っていると、着物の柄をはじめ、京都のあちこちで見かけることがあると思います。そんなときに“源氏香の図ですね”なんて言うと、打ち解けてくれることも。

また、今の季節なら、菖蒲(あやめ)香ですね。ある京都のお店でお食事をしていたときに、杜若ばかりが活けられた花屏風の中に菖蒲が1本あり、“菖蒲香?”と思いお尋ねしたら、やはりお香をやってらっしゃる方で、小さく盛り上がったことがあります。

京都ではこうした“遊び”に会える確率が高いので、こちらも鍛錬して受け止められるようにしたいなぁと、そうした方々に出会うたびに思ったりします」

山田松香木店
京都府京都市上京区勘解由小路町164
( 室町通下立売上ル)
Tel.075-441-1123

鳩居堂
京都市中京区寺町姉
小路上ル下本能寺前町520
Tel.075-231-0510

 

3、半衿

着物を着る機会も多い加藤さん。京都で着物を求めることはあまりないというが、半衿は京都に行くと買う事が多いという。

「さすが都と思うのが、とにかく気が利いているものが多いんです。着物関係は、やはり着物人口の多い街だなと感心してしまいます。なんといっても、まだまだ芸妓さん、舞妓さんがいる世界ですから、それだけのものがそろうのだと思います」

加藤さんがよく行くという「荒川益次郎商店」は常に1,000種類以上の半衿がそろう半衿の専門店。「着物はさすがに……」という人も、気軽に季節に合ったものを探しにいくのもいいだろう。

荒川益次郎商店
京都市下京区室町通綾小路下ル白楽天町504
Tel.075-341-2113

 

4、河井寬次郎記念館

清水寺の近く、東山五条に位置する記念館。大正、昭和にかけて京都を拠点に活動した陶工・河井寬次郎の自宅兼仕事場を公開している。建物だけでなく、家具や調度品も寛次郎の作品か、彼自身が選び集めたもので、民藝活動の中心的立場として活躍した作家の美意識を目の当たりにすることができる。

「ここは1日ずっといられる」という加藤さん。

「建物、展示共に素晴らしいんです。いわゆる京都らしい場所ではないかもしれませんが、京都人らしい知恵に触れられる場所です」

用の美を追求した作家の自宅兼仕事場らしく、どこかほっとする居心地のよさを味わえる空間である。

河井寬次郎記念館
京都市東山区五条坂鐘鋳町569
Tel.075-561-3585
月曜休館 (祝日は開館、翌日休館、夏期・冬期休館あり)
10:00~17:00(入館受付16:30まで)

 

5、骨董探し

「やっぱり、骨董屋ってこわい。でもほしい。見たい……そんな欲望を京都で満たしてくれる2店です」。たしかに骨董はよほどの目利きでないと難しい部分もある。けれどもいい器を見たい、買いたい、使ってみたいという人にぴったりなのがこちらの2つの店だとか。

まずひとつめは、寺町通に位置する「大吉」。もともと割烹料理店で、先代から骨董店に主旨替えしたといい、当初は古伊万里をメインに扱っていたが、現在は国内外の骨董を扱っている。値段も良心的で、普段使いの器を見つけるのに最適な店だ。

もうひとつが「酒陶 柳野」。オーナーの骨董収集の趣味が高じて、店を開いたというだけあり、出される器は美しいものばかり。自分ではなかなか手にする事ができない骨董の器で食事やお酒を楽しむことができる希少な店だ。

大吉
京都府京都市中京区寺町通二条下ル452
Tel.075-231-2446

酒陶 柳野
京都府京都市中京区三条新町西入ル
Tel.075-253-4310

text:Miki Ozawa

Photo:KPG_Payless/shutterstock