メキシコのリゾートを知らずして、世界のリゾートは語れない!?

宿泊者の欲望 #15

美しい!などとひと言では到底表現できないのが、メキシコの大自然とそのロケーションに点在する個性派リゾートの数々だ。なんと言ってもメキシコはリゾート大国。だからこそメキシコのリゾートを知らずして、世界のリゾートを語って欲しくないのである。

ここでご紹介するのは人気のリビエラ・マヤにある「バンヤンツリー・マヤコバ」だ。

ターコイズブルーの鮮やかな海と空、白砂のビーチ、サボテンの砂丘、美しい珊瑚礁。リビエラ・マヤとは、オーシャンリゾートの魅力が満載の新たな人気のリゾート地域。カリブ海のカンクンから南へと続く海岸線沿いの160kmほどを指している。海の神殿“トゥルム遺跡”、ダイビングの聖地コスメルなど、手つかずの大自然やマヤ文明の歴史香が残る地域でもある。

中でもリビエラ・マヤの中心となるのが、グルメ、伝統、エンターテイメントが揃う刺激的な町プラヤ・デル・カルメンだ。「バンヤンツリー・マヤコバ」があるのはその町の郊外であり、マヤコバと記された立派なプライベート・ゲートが造られた“統合型リゾート開発地域”内に建っている。

「バンヤンツリー・マヤコバ」の空からの全貌、淡水のラグーンが周遊。
「バンヤンツリー・マヤコバ」の空からの全貌、淡水のラグーンが周遊。

ヴィラタイプの贅沢なリゾートであり、敷地内には淡水ラグーンが造られ、117室のヴィラのすべてがこのラグーンやマングローブのジャングルに面している。