「星のや富士」に泊まる。グランピングとはキャンプではない!?

オイシイ旅 #7

まず、最初にお伝えしたいのは「“グランピング”はキャンプではない」ということ。

日本では最近、キャンプ場におしゃれなテントが出現して、グレードアップした素敵な空間で過ごせる場所が出来始めておりますが、世界に目を向けると、本来のグランピングのルーツは、あくまでも「新しいグラマラスな時間」を過ごせる特別な場所、つまり、決してオシャレなキャンプではなく、これまでにない滞在ができる、全く新しい旅のカテゴリーが本当の“グランピング”なのです。

わたしが心魅かれたのは、グランピングの元祖「ラグジュアリーロッジ」のLongitude 131。オーストラリアのウルル(エアーズロック)の荒野に15棟だけのテントが並ぶホテルです。この写真を見た衝撃は忘れられません。

「絶対行きたい」「いや行きます」と泊まりにでかけました。その話は、また今度書かせていただくとして「これは絶対に日本にもブームがくる!」と、いろいろな国のグランピングリゾートにも出かけました。

だからこそ、待ちに待った「星のや富士」のオープンだったのです。ついに、本格派のグラマラスキャンプの滞在ができる宿が日本にも出来た~、と、楽しみに出かけました。