東シナ海の夕日を眺めに、天草下田温泉「五足のくつ」へ

オイシイ温泉 #6

あえて、今、熊本県の温泉の話を書くことにしました。今回は、天草諸島にある温泉旅館・石山離宮 五足のくつの話。この宿は、時々無性に行きたくなる場所のひとつです。天草は地震の影響もなく、宿も通常営業中。それを応援したいという気持ちもあるけれど、それよりも正直なところ、今、無性にこの場所へ出かけたい気持ちに駆られているのです。

理由はこの圧倒的絶景のサンセット。この宿から見えるのは「東シナ海」。日本全国を旅するといろいろな海があるのだけれど、東シナ海は、とにかく色が違う。深くて鮮やかなブルー。まずその色に魅せられてしまいます。

そして、この夕陽。行くたびに、見るたびに、毎回違うサンセット。宿の前の鬼海ヶ浦まで降りて、ダイナミックに広がるパノラマの夕陽を眺めようか。はたまた、部屋の温泉から「チラ見せ」のサンセットを楽しもうか。それともレセプション棟のデッキでシャンパンでも注文して過ごそうか。

夕陽の沈み方も毎日違うけれど、どこの場所でサンセットタイムを過ごそうかと、考えるのもまた、楽しみなのです。