誰にも邪魔されない!? 桟橋のない水上ヴィラ。モルディブの「ギリ・ランカンフシ」

宿泊者の欲望 #10

2012年6月、インテリジェント・ラグジュアリー・リゾートという夢のようなコンセプトでデビューした超豪華リゾート「ギリ・ランカンフシ」。

モルディブの首都で、国際空港のあるマーレから空港前のジェッティに移動し、そこでリゾート専用の豪華クルーザーに乗り込む。するとすぐに布袋が渡され、「どうぞ靴をお脱ぎ下さい」とリゾート最初の洗礼がある。初めての時は驚いたが、いざ灼熱の国で靴も靴下も脱ぎ捨てるとけっこう爽快なのだ。

マーレから約20分ほど。ミルキーブルー、ターコイズブルーなど、夜だというのに目の覚めるような海の色に溜息をつきながら、あっと言う間の到着だ。

クルーザーを降りても、滞在中はずっと素足で過ごすのがこのリゾートの掟。足裏が痛くないように砂はちゃんとゴミや小石が拾われている。リゾートにはラグジュアリーなヴィラが全45棟と、地元の伝統を活かしたスタイリッシュな設備が整っている。

海と空との間が分からない、美しいインフィニティプール。
海と空との間が分からない、美しいインフィニティプール。

ここはエコリゾートとしても世界的に知られ、環境に優しい。食事は島内の大きなオーガニックガーデンから朝摘みサラダやハーブなどが提供され、魚は漁師が新鮮獲れたてを商売用のボートで売りに来る。