メールからの卒業

メールからの卒業

祖父の使っていた万年筆を両親から受け継いで、3年ほど経つ。

パソコンやスマートフォンを使うことが当たり前になっていて、ペンで字を書くことがほとんどなくなっていた。けれど、せっかく手元にやってきた万年筆を使わない理由はない。

実際に使えるようになるまで、いろいろあったのだけれど、手入れをして、気にいった色のインクを買って、初めて紙に字を書いたときの感動は忘れられない。