メンズ・グルーミングの拡大と、編集者・岸田一郎

砂漠のような東京でも…週刊ファッション日記 #7

阪急メンズ東京が2月26日にリニューアルオープンした。2011年9月のオープン以来、4年6ヵ月経過して初のリニューアルだ。今回のリニューアルでは、1階のメンズビューティの売り場が1.5倍に広がったのが注目される。

「女もすなる化粧というものを男もしてみんとてするなり」という感じで始まったメンズ・グルーミングの世界が本格的に売り場に表現されたのは2003年9月にオープンした新宿の伊勢丹メンズ館だろう。

それから13年が経過するが、経済産業省生産動態統計調査によると男性皮膚用化粧品出荷額は2001年に111億円だったものが2013年には222億円になっており、倍増。今後はさらに拡大が見込まれるマーケットである。