放したら聞こえた時間の音

放したら聞こえた時間の音 #2

【#1はこちら】

ひたすら、心地よさを求めていた。仕事もプライベートも、すべては自分の生きている時間なのだから、どうせならいい時間にしたいという、貪欲さもあった。

時間を味方につけるとは、どういうことなのか。結局のところ、時間を大事にすること以外にない。

大事にしなかったら、そもそも味方になるわけがないと、当たり前のようなことに行き着くのだが、自分で模索して出した答えは、それなりの意味をもたらした。