エロくて見せ場たっぷり新国立劇場の「サロメ」にゴクリ!?

砂漠のような東京でも…週刊ファッション日記
~番外編 #2

「え!? ウソ」という女性の短い言葉と笑い声がたしかに聞こえた。ヘロデ王の懇願で「七つのヴェールの踊り」を舞い、着衣を脱いでいって、ビキニ姿になったサロメ(カミッラ・ニールント)に対する観客の一女性の反応である。

着衣を脱いでいくサロメの「七つのヴェールの踊り」
着衣を脱いでいくサロメの「七つのヴェールの踊り」

「ゴクリ」と生唾を飲み込む男性客もいたと思うが、その音はさすがに聞こえなかった。サロメ役のニールントは豊満なバストを強調する演技をその踊りの前からすでに見せていたから、いやが上にも“期待”は高まっていったのだが、ちょっと太目のビキニ姿はわずか2、3秒だけで、召使が素早くサロメにガウンを着せてしまった。