ドイツ機械式時計の真骨頂、A.ランゲ&ゾーネ新作の美しき細部

なにしろ機械式狂いなもので #5

スイスは世界に名だたる時計王国ではあるが、むろん他の国でも時計は製作されている。中でもドイツは、スイスに次いで時計産業が盛んな国だ。

その歴史は、スイスよりもはるかに長く、ニュルンベルクのゲルマン国立博物館に所蔵される最も古いゼンマイ仕掛けの機械式時計は、1430年代に製作されたものだという。

A.ランゲ&ゾーネは、ジュネーブで開催される新作時計発表会SIHHに出展する唯一のドイツ時計ブランドだ。独創性も光る優れたメカニズムと手仕事による完璧な各パーツの仕上げとで、時計界で頂点の一つを成すドイツの至宝。

卓越した機構と美感の融和は、19世紀に今のザクセン州の州都ドレスデンの宮廷時計師に師事していた創業者のフェルディナント・アドルフ・ランゲ以来の伝統である。彼はまた、貧困にあえいでいたドイツ東部に位置するエルツ山地の街グラスヒュッテに自らの工房を開き、時計産業を広めることで経済的発展をもたらした偉人としても知られる。

また第二次世界大戦後の東西冷戦時代には、旧東ドイツに位置していたグラスヒュッテの工場が国に接収され、ブランドが一時消滅。しかしベルリンの壁崩壊とともに奇跡の復活を果たしたとのストーリーもまた、時計ファンの心を打つ。

SIHHでA.ランゲ&ゾーネが発表した新作の中で、興味を引かれたのが「リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド」だった。

ゼンマイの駆動時間が残り10分になると、アワーダイヤルとミニッツダイヤルとが重なる部分にある三角の窓の色が、白から赤に変わる。
ゼンマイの駆動時間が残り10分になると、アワーダイヤルとミニッツダイヤルとが重なる部分にある三角の窓の色が、白から赤に変わる。

ダイヤルの中央から少し上にオフセットして大きな秒針を置き、その下の左右に時針と分針とを配置。懐中時計の時代からある、時・分・秒を示す各針を独立させたレギュレーターと呼ばれるスタイルを、この時計は採る。

古典的なメカニズムを採用したのは、秒針を際立たせるためだ。時・分針と比べ大きく、色も変え、ダイヤルで一際目立つ秒針は、1秒刻みで運針する。1秒ごとに針がジャンプするから“ジャンピングセコンド”。この機構は、初代フェルディナント・アドルフ・ランゲが取得した最初の特許なのだとか。

一般的な機械式時計の秒針は、絶え間なく動いているように見える。しかし実際には、1秒の間に何度も進む・止まるを繰り返しているのだ。

巻き上がったゼンマイが元に戻る力で動くムーブメントは、テンプと呼ばれるリング状のパーツが左右に振れることで振り子の役割を果たし、その動きで歯車の動きを制御して正確な時を刻む。その際、テンプが1秒間に左右に振れる回数分だけ、秒針は進む・止まるを繰り返すのだ。

初代アドルフ・ランゲは、テンプの動きによって動きが規制される歯車=ガンギ車に、通常にはない星型の歯車を取り付け、それで秒針を動かした。星型歯車は、ガンギ車が1秒分進むと1歯進む仕掛けで、秒針は1秒刻みでジャンプするわけだ。

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンドは、初代考案のメカニズムを応用した。同時にゼンマイからテンプに至る輪列(歯車の連なり)の中に、コンスタントフォースという特別な機構も組み込んでいる。時計を動かすゼンマイの力は、巻き戻るに従い落ちていき、時計精度に悪影響を及ぼす。コンスタントフォースは、これを解決するメカニズムだ。

ゼンマイからの駆動力をバネに蓄え、一定の間隔で放出し、その力で時の刻みを決めるテンプを動かす仕組み。常に同じバネによる一定(コンスタント)の力(フォース)でテンプが動くので、ゼンマイの巻き上げ状況に関係なく、精度も一定になるとの理屈である。

裏蓋側に姿を見せるそのムーブメントは、素晴らしい美観を伴う。大半を大きく覆うプレート、そこにある歯車の回転軸を支える人工ルビーをリングに取り付け青いビスで留めたゴールドシャトン、テンプを支えるブリッジに施される手彫りによるアラベスク模様……これら美しきディテールは、初代アドルフ・ランゲから受け継ぐザクセン・スタイルであり、A.ランゲ&ゾーネのすべての時計を大きく特徴付ける。

そしてダイヤルでは、コンスタントフォースを組み込むことで、高精度に1秒刻みで進む秒針が1秒の重みや大切さを伝える。針の形状や各インデックスのデザインは、スイス時計とはまた違った印象である。これもまたA.ランゲ&ゾーネらしさ。

ドイツ時計の伝統と真髄が、この新作に込められて、スイス時計とはまた違った機械式時計の魅力をより深めてくれる。

 

商品情報:

リヒャルト・ランゲ・ジャンピングセコンド/限定100本。

手巻き、プラチナケース。直径39.9mm。78,000ユーロ(参考価格)。9月以降発売予定。
問い合わせ先:A.ランゲ&ゾーネ Tel.03-3288-6639

 

【Byron’s Pick Up】

いま日本でもっとも勢いのある陶磁器産地は、長崎の波佐見だ

そうだ、レオナルドに会いに行こう。

大好物!? メゾン・マルジェラのロングコート

圧倒的な質・量の村上隆のコレクションからのぞく死の影

「イトキン・ショック」は、今に始まったわけじゃない…大手アパレル企業の「ゆでガエル理論」か!?