上司と部下と電車移動。席は譲ればいいってもんじゃない!

心のふきだし #4

上司や同僚と一緒に仕事先へ電車移動するとき、立ち居振る舞いは、何が正しいのだろうか。

若いとき上司と電車に乗り、前の席がひとつ空くと私は必ず上司に「どうぞ」と言った。促されたまま座る人もいれば「いいから」と座らない人もいた。座ってくれたほうが実は気が楽だ。と言っても、二人連れのときに一人が座ってもう一人が立っているとどうも話しにくい。黙っているのも妙な感じで、いつも早く目的地に着かないかなと思ったものだ。

電車に乗って見渡すと席が空いているのにその前に立つ人が座らないのはたいてい二人組だ。きっと、なんとなく相手を気遣って座らないのだろう。私は、自分が上司になって部下と移動するとき、席がひとつだけ空いても座らなかった。座ったときの居心地の悪さを考えたら立っていたほうが気が楽だったから。そして運良く、前の席が二つ空けば二人で席に座った。

しかし、そんなときでも内心、びっくりすることが起こった。