谷尻流儀の始動力となった野矢茂樹氏の哲学書

谷尻流儀の始動力となった野矢茂樹氏の哲学書

建築家、谷尻さんの本選びはジャケ買いがほとんど。建築、アート、写真集、食など、手にとるジャンルは多岐に渡ります。

「意味のないものをいろいろ並べておいて、あるとき突然そこに意味が生まれる。仕事のアイデア・ソースになる。そんな感じです。あとは活字をただ追っていくのが苦手という理由もありますけど(笑)」

集中力がないんですと気恥ずかしそうに語る谷尻さんですが、一冊だけ最後の一文まで夢中で読み切った本があるのだとか。