甘くないバレンタインに嗜む、アートなチョコレート

甘くないバレンタインに嗜む、アートなチョコレート

「チョコレートは特別でなく日常的なものですね。作るのも食べるのも大好き。子供のころ、雨に濡れてしっとりした地面はガトーショコラ、乾いて白く割れたヒビはミルクチョコみたいだなって食欲を刺激されていました」とチョコレートの思い出について話すのはフードクリエイターの山フーズ・小桧山聡子さん。