港町マルセイユ『シェ・ミッシェル』でいただく、濃厚魚出汁の本格ブイヤベース

レストラン熱中派#44

魚の旨味を味わうのが、ブイヤベースの醍醐味

この夏、初めて南仏プロヴァンスを訪れた。プロヴァンスの歴史は、紀元前600年、ギリシア人が作った植民市マッサイア(マルセイユ)に始まる。紀元前3世紀には、ローマ帝国が南フランスを支配し、プロヴァンスという地名が生まれたと言われている。その後独立国となった時期もあったが、18世紀にフランスに統合されて現在に至る。フランスといってもギリシア、ローマなどの文化を吸収して独自の文化を遂げた地域なのだ。

料理もバターではなくオリーブオイル、野菜も煮込みではなくフレッシュが好まれ、トマトをよく使うのはイタリアに近い。正直な話、フランスに行くのに、わざわざフランスらしくない場所を選ぶこともないかな」と今までそれほど興味が沸かなかった。それが今回の旅を経験して「もっと、早く来るべきだった」と少し悔しくなった。