ダイアン・レインが匂い立つようにカッコいい『今夜は青春』

オトコ映画論#116

『ストリート・オブ・ファイヤー』
Blu-ray \4,800+税/発売・販売元:キングレコード
©1984 Universal Studios. All Rights Reserved

ウォルター・ヒル監督作品『ストリート・オブ・ファイヤー』(1984)
×エレン・エイム『今夜は青春』

ラリー・グロスというすごい脚本家と仲良くなったのは、北野武監督作品『HANA-BI』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を獲った1998年のことだ。

ロサンゼルス在住のラリー・グロスさんは、ウェイン・ワン監督作品『チャイニーズ・ボックス』(原題Chinese Box)が出品されていて同映画祭に参加されていた。それで、北野武監督作品『HANA-BI』のパーティが、ルキノ・ヴィスコンティ監督作品『ベニスに死す』の舞台であった〈オテル・デバン〉のガーデンで行われて、その場で彼と遭遇して意気投合。リド島にいた僕、ヴェネツィア本島のホテルに投宿していた彼とは、パーティ後も夜を徹して映画の話をした。『チャイニーズ・ボックス』の場合、フランスの脚本家ジャン=クロード・カリエールの土台となる脚本を、彼が英語でリライトしたものらしい。